財務対策・事業承継対策・相続対策の生保コンサルティング  
financialachievementoffice  
関西綜合FP事務所    〒673-0878 兵庫県明石市山下町6-9-4F 関西綜合保険センター(株)内TEL:078-919-0230 FAX:078-919-0231 E-mail:master@fp-web.net

メンバー写真

 

 

 

 

 

 

 

 

相続対策のポイント

「相続」が「争族」にならないように、生前の早い段階から準備しておくことが何より大切です。

遺産分割

オーナー経営者の財産の半分以上は、単純に分割のできない事業用資産(土地や家屋などの不動産)や換金性の低い自社株というケースがよくあります。
預貯金や現金、有価証券などはもちろんのこと、「争族」が起きないように「だれに・なにを・どのくらい」相続させるか具体的に考えておく必要があります。

納税資金対策

相続財産のうち換金性の低い財産が多い場合などは、納税資金として活用できる流動性の高い現金を準備しておく必要があります。
財産に対して、納税額がどのくらいになるのかを事前に把握し、早めに納税資金を準備しておくことが大切になります。

相続税軽減対策

財産を引き継ぐ方法として、生前に贈与する方法があります。しかしながら、「相続」の方が有効か、「贈与」する方が有効かは財産状況などによって異なります。しっかり見極めたうえで、計画的かつ長期的に対策を打つことが必要です。

二次相続対策

配偶者が相続した財産を、配偶者死亡後にさらに子供が相続するというような二度目の相続のことを、二次相続と言います。二次相続は思っている以上に高額な相続税が課税されます。その主な理由は以下の3点です。

①二次相続は配偶者の税額軽減が使えない。

②一時相続に比べて法定相続人の人数が一人減る。

③小規模宅地等の特例が使えなくなる可能性が高い。

それ故に二次相続までを想定した準備が必要となります。

 

財務・事業承継・保険専門のファイナンシャルプランナーがお手伝致します。

相談事例1

相談事例2